ここから本文

ホーム > ニュース > イベント・セミナー > 2012年 イベント・セミナー > 2012年度 三菱電機グループ 省エネ・節電セミナー in 福岡

ニュース

経営体質強化に向けた省エネ・節電のご提案2012年度 三菱電機グループ 省エネ・節電セミナー in 福岡

本イベント・セミナーは終了いたしました。

ご案内

2012年6月6日(水曜日)から6月7日(木曜日)にかけて、三菱電機グループ省エネ・節電セミナーを開催いたします。

三菱電機グループの環境ステートメント「eco changes」をトータルコンセプトとし、震災後の電力供給不足から社会的関心が高まる省エネ・節電、再生可能エネルギー分野の製品・システムについて、具体的に参考にしていただけるテーマをご用意しました。

弊社からは、製造業の生産現場で収集したビッグデータを分析し、見える化するPI System(パイシステム)と、それをプラットフォームとしたFEMS(工場エネルギー管理システム)をご紹介いたします。

(注)PI Systemは米国OSIsoft社が開発したプラント情報システムです。

開催概要

開催日時

2012年6月6日(水曜日) 13時~17時30分(受付開始:12時45分)
2012年6月7日(木曜日) 11時~17時30分(受付開始:10時45分)

会場

天神ビル 11階 10号会議室
〒810-0001 福岡市中央区天神2-12-1 天神ビル

会場の周辺地図・アクセスについて(天神ビル)

定員

80名

参加費

無料

主催

三菱電機株式会社 九州支社

プログラム

1日目(6月6日)

時間 内容
13時~13時45分

No.1
基調講演「エネルギー管理は危機管理」

電力供給逼迫が予想される今夏、危機管理としてのエネルギー管理の重要性が増してきています。国内最新動向を踏まえ、想定される危機への省エネ・節電対策についてご説明いたします。また、対策時に活躍するエネルギーの「見える化」「制御システム」等についてもご紹介いたします。

一般財団法人省エネルギーセンター九州支部
エネルギー使用合理化専門委員
藤原 洋記 氏

14時~14時45分

No.2
基調講演「三菱電機グループ自身の省エネ・節電取組み、効果事例」

昨夏、今冬の節電実績より、それぞれの施策の節電効果について具体的な検証を行い、電力安定供給が危惧される今夏に向けた三菱電機の省エネ・節電取組みへの考え方・施策をご説明いたします。

三菱電機株式会社
生産システム本部
技師長 太田 完治 氏

15時~15時45分

No.3
「多事業所向け節電・省エネ管理システムの導入事例紹介」

省エネ・創エネ機器導入のご提案から、計装機器の施工、及び省エネ法対応報告書(定期報告、中長期計画)作成代行サービスまでカバーし、節電ニーズにお応えするソリューションについて、節電・省エネ管理システム「Eco-Catch2」の導入事例を交えながらご説明いたします。

三菱電機システムサービス株式会社
総合営業本部 総合営業統括部 省エネサポートセンター
担当課長 菊田 径孝 氏

16時~16時45分

No.4
「三菱電機のLEDだからこそできる究極の省エネ照明!節電対策はこれで決まり!!」

オフィス・工場・店舗など、幅広い分野で活躍する三菱電機のLED照明。環境に配慮すると共に、人に心地良いあかり空間を実現します。LEDの最新事情から注目の新商品まで、LED照明の「安全性」、「国内の規格整備」、「メーカー保証」について、進化した三菱電機のLED照明を実例とともにご紹介いたします。

三菱電機照明株式会社
営業統轄部 電材営業課
課長 小澤 昇 氏

17時~17時30分

No.5
「ビルの節電・省エネ事例」

昨夏・今夏の電力需要状況を基に、ビルにおける節電・省エネニーズ、及び節電・省エネの対策事例をご紹介いたします。

三菱電機ビルテクノサービス株式会社
エンジニアリングセンター 省エネ・ビル総合管理部
部長代理 小松 正樹 氏

2日目(6月7日)

時間 内容
11時~12時

No.6
「製造業向け 設備の監視と省エネFEMS」

製造業における生産現場での生産設備運転状況、エネルギー使用状況などをリアルタイムに収集し蓄積されたビッグデータ。これを時間軸で高速検索することで多様な分析を行い、見える化を実現するPI System(パイシステム)。同システムをプラットフォームとしたFEMSをご紹介いたします。

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
産業・サービス事業本部ITコンサルティング部
渡部 明洋

13時~14時

No.7
「三菱電機のグリーンIT推進状況紹介と気流解析技術を使ったBCP&省エネ対策セミナー」

三菱電機のグリーンIT推進に関する取り組みについてご紹介いたします。また、気流解析技術を使ったBCP(事業継続計画)&省エネ対策(グリーンIT推進)として、データセンターの省エネ、工場の環境改善提案に関してご紹介いたします。

三菱電機株式会社
インフォメーションシステム事業推進本部 連携事業推進センター第一グループ
専任 西村 達夫 氏

三菱電機情報ネットワーク株式会社
製作所システム第一事業部エンジニアリングシステム第一部 電力システム第一課
担当課長 三浦 哲朗 氏

14時15分~14時45分

No.8
「この夏に向けた工場・事務所の暑さ対策!(気流技術で省エネ・節電を実現)」

電力需給が逼迫している中、夏場の空調設定温度を上げても省エネ・節電が実現できる事例として、「事務所へのエアー搬送ファン導入による空調改善事例」及び「工場でのエアー搬送ファン及び有圧換気扇導入による暑さ対策」をご紹介いたします。

三菱電機株式会社
中津川製作所 営業部冷熱・機器営業課
専任 安本 和弘 氏

15時~15時30分

No.9
「省エネ・節電を支援するエネルギー監視と管理手法」

省エネ・節電を実現するためには、エネルギーの監視と対策・効果の管理が不可欠になります。当セミナーでは、エネルギー監視システム「省ちゃんシリーズ」をはじめとした、昨今の見える化・見せる化システムの導入事例と動向をご紹介いたします。

三菱電機エンジニアリング株式会社
神戸事業所CS技術部
主査 谷水 庸人 氏

15時45分~16時15分

No.10
「省エネで始める経営改善 ~システム導入の前にやること、後にやること~」

省エネの目的でシステム導入したが、期待した省エネ効果が上がらない。それはシステム導入の前に「やるべきこと」を実施していないのが原因と考えられます。本セミナーでは事前の準備について解説するとともに、事例研究だけでは分からない運用の盲点についてご説明いたします。

三菱電機コントロールソフトウェア株式会社
長崎事業所 技術第1部 産業・エネルギーシステム課
主管 樽角 一孝 氏

16時30分~17時30分

No.11
「業務用太陽光発電システムの全量買取制度施行に伴う市場動向と三菱電機の取組み」

再生可能エネルギーとして注目を浴びる太陽光発電システムについて、システムの概要、全量買取制度を始めとした国の施策状況、設置事例のご紹介等有益な情報をご提供いたします。

三菱電機株式会社
リビング・デジタルメディア事業本部 太陽光発電システム事業部
太陽光発電システム計画部
次長 三島 行雄 氏

お申込方法

お申込受付は終了いたしました。

お問い合わせ先

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
九州支社 営業部 営業第一課

電話:092-262-7563
Eメール:q_eigyou@mdis.co.jp

↑ページの先頭へ戻る