ここから本文

ホーム > ニュース > イベント・セミナー > 2017年 イベント・セミナー > 製造業様の変革の切り札。真のIoT活用とは

ニュース

~株式会社GSユアサ様導入事例に学ぶ~製造業様の変革の切り札。真のIoT活用とは

ご案内

製造現場と基幹システムを統合することで経営に役立つITシステムが求められています。

IoT時代到来を見据え、いち早くMESシステムを導入し、製造現場から基幹システムの連携を実現された株式会社GSユアサ様の取り組みをご紹介の上、製造現場と基幹システム連携を実現する弊社の「垂直統合モデル」をご紹介させていただきます。

開催概要

開催日時

2017年7月6日(木曜日) 13時30分~16時30分(受付開始:13時)

会場

グランフロント大阪 タワーC 8階 会議室:C02
〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーC 8階

会場の周辺地図・アクセスについて

定員

50名

参加費

無料(事前登録が必要です)

主催

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

プログラム

スケジュール 内容
13時30分 ご挨拶
13時35分~14時20分

第一部:IoT・AIが製造業にもたらす経営・管理・運営の変革

製造業におけるIoTは、現場改善や効率化だけがねらいではありません。むしろ、現場~経営まで、リアルタイムに見通すことで、ビジネスモデル改革や新製品・サービス開発など、新たな”儲け方”を編み出す仕掛けと見るべきです。関連事例を通して、この”儲け方“を見出すためのIoTの考え方や本質・方向性、社内リソースの活用や検討チームの作り方、管理層・経営層の取り組み方など、製造業の「変革」に向けた仕掛けづくりを解説します。

株式会社三菱総合研究所
営業本部 主席研究員 チーフプロデューサー 為本 吉彦 氏

14時20分~14時30分 休憩
14時30分~15時15分

第二部:MESシステム導入による、製造現場と基幹システム連携実現事例ご紹介
~株式会社GSユアサ様導入事例~

2017年に創業100年を迎えるGSユアサ様では、電池、電源装置、照明機器等の電気機器に加え、リチウムイオン電池や、太陽光などの新エネルギー分野の事業をグローバルに推進されております。
日本電池・ユアサコーポレーションとの統合に際してERPを導入し、更に、製造実行系システム(MES)を導入することで、製造現場(FAシステム)とERPをリアルタイムに連携し、真の「見える化」と「使える化」を実現された取り組みをご紹介いたします。

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

15時15分~16時

第三部:製造現場と基幹システム連携を実現する「垂直統合モデル」ご紹介

昨今、ITとものづくりの融合を実現するキーワードとしてIoTが脚光を浴びています。刻一刻と変わる市場ニーズや工場の稼働状況、原材料の状況に応じて、最適な製品を、最適な時期に、最適な量生産し、市場投入することが求められますが、製造業の現場ではまだまだ実現途上にあります。製造システムに求められるIoTに必要な取り組みと、MESを仲介したERPからFAまでのトータルソリューションをご紹介します。

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

16時~16時30分 質疑応答・アンケート

お申込方法

参加ご希望の方は、事前登録をお願いいたします。

参加申込フォーム
製造業様の変革の切り札。真のIoT活用とは 参加申込フォーム
(参加申込の受付は、三菱電機株式会社のセミナー受付システムを利用しています)
FAXの場合
参加申込書をダウンロードして、お申し込みください。
製造業様の変革の切り札。真のIoT活用とは 参加申込書(520KB)

お問い合わせ先

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
関西支社 セミナー 事務局

TEL:06-6444-7144
FAX:06-6444-7140

↑ページの先頭へ戻る