ここから本文

ホーム > 製品・サービス > AppDynamics

AppDynamics

お問い合わせ

アプリケーション・パフォーマンス管理ソリューションAppDynamics

Webサービスやモバイルアプリケーション、業務システム等の性能劣化をリアルタイムに監視し、可視化することで、優れたユーザーエクスペリエンスの提供、障害発生の予兆発見を支援します。

昨今、ECサイト、インターネットバンキング、オンライントレード等、お客様が利用しているWebサービスは、正常に稼働することが大前提となっており、お客様がストレスなく満足してシステムを利用できているかが、企業を評価する重要な基準となってきています。

AppDynamicsは、リアルタイムにシステムの性能を監視することで、問題箇所の予兆検知および、障害箇所の早期発見を可能とする、アプリケーション・パフォーマンス管理(APM)ソリューションです。

アプリケーションパフォーマンス管理(APM)導入前後の比較

機能

複雑なシステム構成を自動的にフローマップで可視化

お客様がサービスを利用する際に感じるレスポンス(ビジネストランザクション)を監視します。

お客様とシステムをエンドtoエンドで結ぶアプリケーション、サーバー、DBを自動で検出して可視化するため、障害発生時もシステム部門とユーザー部門が共通認識のもと、業務影響を把握し迅速に対応することが可能となります。

アプリケーションの問題を未然に防ぐプロアクティブな運用管理

障害予兆検知

障害だけでなく問題が顕在化する前のパフォーマンス劣化等の予兆を検知することが可能です。 これにより、問題が発生する前に根本原因を突き止めて障害の芽を摘み取ることが可能になります。 また障害が発生した場合も、そのボトルネックはどこなのか、JavaプログラムやSQL文のレベルで特定することが可能になるため、障害対応の効率化に役立ちます。

適正なパフォーマンスの把握

日々のパフォーマンスを記録しているため、問題に至らないわずかな性能劣化も見逃しません。 クラウドサービスへ必要なリソースを自動で要求するような設定も可能です。 また、リプレース時における最適なパフォーマンスのサイジング検討の指針になります。

システム構成イメージ

監視対象にエージェントを導入することで、低負荷でリアルタイムの性能監視が可能です。

三菱電機インフォメーションシステムズは、AppDynamicsの正規代理店です。

AppDynamics Inc.

お問い合わせ

↑ページの先頭へ戻る