ここから本文

ホーム > 製品・サービス > 酒快Do

酒快Do

お問い合わせ

酒類流通業向け販売管理システム酒快Do

酒類流通業向け販売管理システム 酒快Do(豊富な業務系機能と経営支援機能で酒類卸売業/業務用酒販店をサポート)

酒類流通業向け販売管理システム 「酒快Do(さけかいどう)」は、三菱電機が開発した中規模~大規模の酒類流通業向け販売管理システムです。

酒快Doとは

酒類流通業向け販売管理システム「酒快Do(さけかいどう)」は、過去30年間に渡る販売・サポート・導入実績をもとに、酒税報告書をはじめとした酒類業界特有の酒税関連帳票の発行に加え、空容器管理や物流管理、各種分析機能など、充実した業務系機能と経営支援機能を搭載した販売管理システムです。

リッチクライアント方式を採用することで、ユーザーインターフェースの拡充とレスポンスの確保を両立したうえ、業態や業務規模の変化に応じた拡張を可能としています。

販売管理システム導入・刷新をご検討のお客様へ 設備投資を決断するチャンスです。  中小企業等経営強化法 「中小企業経営強化税制」

酒類流通業の皆様へ 軽減税率対策補助金 延長受付決定!(2018年1月末改修または入れ替え分まで)  「酒快Do」

製品の特長

豊富な業務機能

酒類流通業に求められる機能をパッケージングし、トータルにご提供します。

柔軟でスケーラビリティに富んだシステム

お客様の規模や業態に合ったシステム構築が可能です。

きめ細やかなサポート対応

安心してシステムをご利用いただけるよう、万全のサポート体制を準備しています。

酒類流通業に求められる経営基盤の強化と環境変化への対応

酒類流通業界は、生活様式や商品選択の多様化をはじめ、生産・流通・消費のあらゆる局面において大きな環境変化に直面しています。

そのなかで、健全な経営を続けていくためには、近代化・合理化に対する不断の努力が不可欠です。さらに、自己の強みを生かし、創意工夫をもって事業を展開するためには、自社を取り巻く様々な環境の変化に対して柔軟に対応できるシステム基盤の構築が求められています。

酒類流通業のシステム構築には、独特の制度や商習慣に対する配慮が必要となります。
「酒快Do」では、これらの要件に対応しています。

酒税関連帳票

税務署への「酒類の販売数量等報告書」(酒税報告書)の提出義務があります。
酒税報告書の作成のためには、種級・容量の管理が必要です。

また、酒税改正時に手持品課税が行われる場合、酒類の受払を記録した書類の提出が必要であるなど、制度変更時の対応が求められます。

空容器管理

酒類販売では空容器の引き取りが発生するため、販売管理における対応が必要です。
また、中身売り等の独特の商習慣への対応が必要となり、得意先によって容器付き販売との使い分けが必要となります。

単価管理

標準単価だけでなく、さまざまな得意先条件による単価を管理する必要があります。

また、メーカーの価格改定や酒税変更、得意先の取引条件変更などによって価格変更が生じた場合、条件別に一括変更する機能も必要です。

業務・運用・商習慣

短時間で大量の受注業務(売上入力~伝票発行~ピッキング)を行う運用に耐えられるよう、膨大な商品群と得意先の中から、簡単に「得意先/商品」が把握できる機能が必要です。

また、酒類業界の商習慣上、「いつもの○○」(=定番商品)・「こないだの○○」(=直近商品)といった呼称で発注される得意先も多く、売上伝票登録時に得意先毎の過去の販売実績を表示する機能が必要です。

お問い合わせ

↑ページの先頭へ戻る