ここから本文

ホーム > 製品・サービス > 半導体生産ライン向け生産管理システム

半導体生産ライン向け生産管理システム

半導体生産ライン向け生産管理システム

自動化が進んでいない、または自動化が難しい半導体製造マニュアルライン内の情報統合、生産部門・管理部門・設計部門の連携を図り、マニュアルライン運営上の悩みを解決します。

半導体生産ライン向け生産管理システムは、自動化が進んでいない、または自動化が難しい半導体製造ライン(以下マニュアルライン)内の情報統合、あるいは生産部門、管理部門、設計部門との連携を図ることでマニュアルライン運営上の各種悩み解決に繋げ、納期遵守、コスト低減、品質向上を徹底支援いたします。

マニュアルラインの現状

導入効果

納期遵守率向上
ダイナミックなロット優先順位付与と生産計画からのスケジュール自動生成により、納期遵守率を大幅に向上できます。
歩留り向上
徹底したロットIDの照合によるミスの防止とデータ統合による品質データ自動収集/解析用加工により、歩留りを向上できます。
装置稼働率向上
稼働状態のリアルタイム監視により、装置稼働率を向上できます。

この結果、「納期厳守」「コスト低減」「品質向上」を実現します。

特長

多品種少量(変量)生産に対応

人にやさしい、優れた操作性を実現

実験品、開発品など、量産品以外のロット流しにも対応

ご要望、ご予算に応じたシステム構成が選択可能

お問い合わせ

↑ページの先頭へ戻る