ここから本文

ホーム > ソリューション > ビッグデータ分析基盤ソリューション

ビッグデータ分析基盤ソリューション

お問い合わせ

ビッグデータ分析基盤ソリューション

ビッグデータ分析基盤ソリューション

大規模データの分析基盤を構築し、データ収集・蓄積の仕組みから分析業務の運用まで、データ活用全体を支援します。

ビッグデータ分析基盤の必要性

IoTによりモノがネットに繋がることで、従来は得られなかったデータが入手できる時代となっています。そして、多種多様なデータを多量に集積することで、そこに新たな知見を見出し、データに価値を与えることが、新たなサービスの創造につながります。
ここで、様々なデータソースから上がってくるデータを情報資産として蓄積・活用するためのプラットフォームが必要となります。

ビッグデータ活用に関するMDISの取り組み

オープン指向のツール選定

オープンソースソフトウェア(OSS)である「Hadoop」および「Spark」を中心に、データ活用の業務サイクル全体をカバーします。また、ビッグデータ分野の有力ベンダーとの協業によりレパートリーの充実を図り、お客様ごとに最適なソリューションをご提案します。

充実したエコシステムの活用

MapR Technologies のテクノロジーを中心に、オープンソースの充実したエコシステムを活用して、お客様の課題に迅速かつ低コストで対応します。

ミニマムスタート、PoCの提案

MapRを含むデータ分析基盤をオンプレミス型またはクラウドサービス型でご提供します。
ミニマムスタートにより、ROIの見極めまでの投資を抑制します。データ量の増加に伴って、段階的に設備の増強が可能です。

オンプレミス型スターターキット:最小1ノード 280万円から
クラウドサービス型スターターキット:AWS(Amazon Web Services)上で提供 90万円から

データサイエンティストによる分析支援

データサイエンティストがお客様と目的を共有し、技術及びドメインのエキスパートの皆様とタッグを組んで、データ活用プロセスを推進します。

活用目的の明確化→分析方法の設計→データの事前チェック→分析実行→分析結果の評価→分析結果の可視化→意思決定→新たな価値

実績事例 業種
データヘルス(生活習慣病予防) ヘルスケア関係
映像解析 公共機関
設備ログ分析 通信キャリア
見積支援 製造業
製造ラインのリードタイム分析 製造業



MDISでは、三菱電機グループでのビッグデータ活用を含め応用事例を積み重ね、現場の実践的なノウハウをもってお客様のビッグデータ活用を支援いたします。

お問い合わせ

↑ページの先頭へ戻る