このページの本文へ

ここから本文

プロジェクト・マネジメントの重要性

ダイナミックに変化している現代のビジネス環境において、情報システムはお客様のニーズに柔軟に対応できることが求められています。MDISは、お客様と事業を共創するシステムインテグレータとして、快適・安心・発展を実現するソリューションを提供することを使命としています。そのためには、お客様の望むシステムを計画通りに開発できる力が重要です。MDISは、プロジェクトを確実に成功に導くため、商談からプロジェクトの完了に至るまでの一連の活動を体系化し、プロジェクト・マネジメントを組織的に実践しています。

プロジェクト・マネジメント体系

MDISは、デファクト・スタンダードとなっているPMBOK(Project Management Body of Knowledge)というプロジェクト・マネジメント手法に準拠する形でシステム生産標準「SPRINGAM」を制定し、それに基づいた体系的なプロジェクト・マネジメントを実践しています。さらに、開発用情報システム「PMIS」(Project Management Information System)を構築して、プロジェクトの情報を一元的に管理し、全国のプロジェクトメンバーが連携して開発を進める環境を整備しています。

プロジェクト・マネジメント体系図

システム生産標準「SPRINGAM」

「SPRINGAM(スプリンガム)」は、お客様への最適なソリューション提供を行うため、MDISのシステム生産技術およびプロジェクト・マネジメント技術のノウハウを体系化した、いわばシステム構築の標準手順書です。全社員に徹底し、全てのシステム構築に活用されています。あらゆるお客様に対応可能なように、ISO9001国際標準やプロジェクト・マネジメント知識体系PMBOKへの対応、CMMI(Capability Maturity Model Integration)の導入などSPRINGAMの継続的な改善を行っています。これらの取り組みを通じてお客様に高品質なシステムを納入するのはもちろん、品質の分析結果をフィードバックすることで、生産プロセスのさらなる改善も進めています。

ページトップへ戻る