このページの本文へ

ここから本文

品質と信頼のMDIS

情報システムはますます大規模化、複雑化し、社会インフラとしての重要度も増加しています。MDISでは「品質と信頼のMDIS」をモットーに、お客様に安心してご使用いただけるシステムの開発に取り組んでいます。

その実現のための取り組みとして、ISO9001やCMMIに準拠した品質マネジメントシステムを構築し、全員参加の品質改善活動を進めています。

品質マネジメントシステム

MDISでは、「品質・生産性に関する基本方針」を定め、組織とプロジェクトの2つのレベルで管理サイクルを実践しています。

「組織の管理サイクル」では、年度毎に会社方針と目標を設定し、各部門はこれを受けて目標達成のための改善計画を策定します。

続いて各部門では、改善計画に沿って「プロジェクトの管理サイクル」を実践し、その結果を評価して次のプロジェクトや部門の改善計画に反映します。

さらに、これらの結果を総合して全社の改善を計測・評価し、次年度の改善点を抽出します。2つの管理サイクルを実践することにより、品質管理の継続的な改善を推進しています。

大規模プロジェクトの品質保証

ITシステムを構築するプロジェクトでは、提案活動からソリューション提供までの間に、局面毎に品質保証(QA)レビュー活動を組み込んだ品質保証活動を実施しています。

特に規模が大きいプロジェクトでは、認定された品質保証部の担当者が第三者として参加し、さらに、全社にまたがるプロジェクトでは、専門組織であるPMO(プロジェクト・マネジメント室)が受注検討から完了まで、一貫した管理と指導・支援を行います。

このような品質保証活動によって、高度な信頼性が要求される大規模システムにおいても高品質のソリューションを提供しています。

全社員参加の品質改善活動

情報システムの品質を高めるためには、社員全員が総力を上げて取り組むことが重要です。MDISでは、社員一人ひとりの品質意識を高めるための教育や活動を実践しています。

活動の一つとして、全部門で小集団活動を行い、活発に改善活動を行うとともに、品質マネジメントシステムを遵守した品質改善活動を全員が継続することにより、お客様が安心してお使いいただけるシステムを提供しています。

ページトップへ戻る