このページの本文へ

ここから本文

ご案内

2019年4月16日(火曜日)、新大阪プライムタワーで「製造業向け ERPパッケージ移行/導入セミナー」が開催されます。

「基幹システムの老朽化が、自社事業拡大の足かせになっている」、「パッケージ保守期限で、システムの刷新の必要に迫られている」・・・等、そろそろ検討を始めたいと思っているけれども、どうすればよいかわからない・・・そんな企業様向けに次世代ERPパッケージのセミナーを開催いたします。
レガシーから次世代ERPパッケージに移行するメリットをご説明し、次世代ERPとして国産パッケージである【mcframe】のご紹介も致します。

  • 手作りの自社システムとパッケージシステムってどう違うのだろう?
  • 自社で使用のパッケージとmcframeは何が違うのだろう?

そんな疑問や悩みをお抱えの企業様のご参加をお待ちしております。

開催概要

開催日時

2019年4月16日(火曜日) 14時30分~17時(14時受付開始)

会場

新大阪プライムタワー4階(東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 関西支店)
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島6-1-1 新大阪プライムタワー4階

会場の周辺地図・アクセスについて(東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 関西支店)新しいウィンドウが開きます

定員

15名

参加費

無料(事前予約制)

主催

主催
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
共催
  • 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
  • ウイングアーク1st株式会社

プログラム

スケジュール 内容
14時30分~15時

第一部:レガシーERPからの脱却~企業の更なる成長を支援する次世代ERPとは~

概要
スクラッチのERPや過去に導入したERPパッケージは肥大化、複雑化、老朽化によりレガシー(遺産)と化しており、企業の変革や事業拡大の足かせになっています。これらの問題を解決し、企業の更なる成長をご支援する次世代ERPの考え方とその導入や移行のポイントをご説明いたします。

講師
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
村瀬 哲之

15時~16時

第二部:製造業様の“ものづくり”を支えるERP“mcframe7”のご紹介

概要
mcframeは組立加工からプロセスなど、幅広いお客様のものづくりを支える生産・販売・原価管理パッケージです。グローバルで使用可能であり、尚且つ柔軟性を持つ国産パッケージとして、590社以上のお客様にご採用頂いております。
本セミナーでは、多くのお客様に採用されるmcframeのコンセプト・特長を実機によるデモンストレーションを交えてご紹介致します。

講師
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
プロダクトコンサルティング部
海老名 卓氏

16時10分~17時

第三部:製造業に強い!国産データ可視化基盤“mcframe BI”のご紹介

概要
mcframe BIは、MotionBoardをベースに製造業の御客様が持たれている計画層(ERP)・実行層(MES)・制御層(PLC等)の3層のデータを全て統合し可視化します。簡単な画面操作と豊富なテンプレートによって意思決定の迅速化を実現する過程を、デモンストレーションと事例を中心にご紹介いたします。

講師
ウイングアーク1st株式会社
四之宮 諒氏

17時~

質疑応答・アンケート・ご相談コーナー

お申込方法

参加ご希望の方は、事前登録をお願いいたします。

メールでお申し込みの場合
参加申込書をダウンロードいただき、必要事項をご記入後、PDF化の上、申込書記載のメールアドレス宛にご送付ください。
製造業向けERPパッケージ移行/導入セミナー 参加申込書(725KB)

お問い合わせ先

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
関西支社 mcframeセミナー 事務局

TEL06-6444-7144
Eメール:mdisinfo-west@mdis.co.jp

ページトップへ戻る