このページの本文へ

ここから本文

2009年10月23日

当社のお客様と当社社員が共同で執筆した事例紹介論文が、「JSUGアカデミー賞」で「審査委員特別賞」を受賞しました。

このたび、当社のお客様と当社社員が共同で執筆した事例紹介論文が、「SAPジャパン・ユーザー・グループ(JSUG)が今年新設したJSUGアカデミー賞で審査委員特別賞を受賞しました。

ユーザー団体から表彰されることは、ベンダーである当社にとりこの上ない名誉です。当社では今後とも、SAPのシステム基盤構築と業務システム両面での強みを活かし、お客様のご要望にお応えしていきたいと考えております。

授賞式会場にて(2009 JSUG Conference)
JSUGアカデミー賞について
JSUGでは、会員企業の事例・経験を広く集めて蓄積し、体系的に整理し、会員へ広く共有することを目的として、「事例データベース」を構築し、この事例共有活動を奨励するため「JSUGアカデミー賞」を設立し、登録資料の中から優れた作品をJSUGアカデミー賞として表彰しています。
JSUGについて
SAPジャパン・ユーザー・グループ(Japan SAP Users' Group)(略してJSUG、ジェイサグ)は、SAPユーザーが自ら運営するユーザーコミュニティです。
詳細情報

JSUGアカデミー賞 受賞者決定のお知らせ(JSUG -JAPAN SAP USERS' GROUP)新しいウィンドウが開きます
論文ダウンロードにはJSUGへのユーザー登録が必要です。

概要

背景

旧来の文字コード処理体系(MDMP)を使用するSAPユーザーは、旧バージョンのサポート満了に伴い、新バージョンへUpgradeするためにはユニコード化が必須となります。その際、基幹システムの停止を伴うため、年末年始等の限られた時間内で大量のデータ変換を行う必要がありました。
当社は、多言語を使うSAPシステムでは国内初となるユニコード変換プロジェクトを2009年1月に2件、成功させました。

※ユニコードとは
全世界の文字を一意に特定できる、ISO(国際標準化機構)により標準化された文字コード体系

受賞論文の概要

社名
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
株式会社ディーアンドエムホールディングス様
対象事例
2009年1月に実施したSAP R/3(4.6C)+多言語環境(MDMP)からERP 6.0(Unicode)へのUpgrade&Unicode化の同時実行(CU&UC方式)について、ベーシス範囲でのダウンタイムは30時間以内、アプリケーション確認を含めて4日間で完了させたノウハウを中心に、計画段階からプロジェクト期間中に発生した課題とその対応実績を紹介しています。

当社のSAPビジネス

当社は製造業分野を中心に100社を超えるSAP導入実績があります。

SAP ERPについて

SAP ERP、その他のSAPソリューション/製品の名称は、ドイツおよびその他の国々における SAP AG の商標または登録商標です。

関連情報

関連ソリューション

SCM/ERPソリューション SAP ERP

ページトップへ戻る