このページの本文へ

ここから本文

充実した新人研修カリキュラム。

内定者教育

内定が決まってから入社までの期間は、会社生活を順調にスタートさせるための貴重な助走期間です。そこで当社は内定者に学習教材を提供しています。技術系総合職は「情報処理技術者試験」をクリアするための対策講座を受講し、事務系総合職と技術系の資格を既に持っている技術系総合職はTOEIC対策講座を受講します。

3年間の基礎教育

当社では入社後3年間を「基礎教育期間」として位置づけ、社会人として、そして一人前の担当者として活躍できるように、職場の上司、先輩(育成担当)、スタッフ部門が連携して指導、教育を行ないます。この間に、社会人としての基礎力、ITに関する基礎知識とスキル、当社における仕事の進め方、当社社員としての行動指針(コンプライアンス遵守、お客様第一、スピード、プロアクティブ)を身に付けることを目指しています。

入社後1年間にわたる新人研修

入社後の1年間は、将来にわたるキャリアステップの礎となるよう体系的なカリキュラムを整えています。SE・営業・経営スタッフとしてのベースを固めるため、最初に集合研修を行って、システムインテグレーション(SI)を推進する人材に共通するビジネスマナー、ビジネススキル、作業基準、IT技術など基本的な能力を身につけます。次に配属先で職場研修(OJT)に取り組み、実務に即したスキルを習得し、年度末には研修成果を発表して1年間の成果を確認します。着実に、プロフェッショナルへの道を開いていきます。

集合研修ではMDISの仕事を模擬体験

入社直後の集合研修では、座学形式の講習に加えて、実践に近い形で行う実習「Software Development Project(ソフトウェア開発プロジェクト研修)」を実施しています。新入社員をいくつかのグループに分け、開発プロジェクトを想定し、自分たちでソフトウェア設計から試験までを行います。SIビジネスの業務フローと進め方を体験しながら、モノづくりの難しさやプロジェクト管理の苦労と達成感を体得していくのが目的で、当社が独自に工夫している新人研修の代表的なプログラムです。

配属後はマンツーマンによる職場研修

配属後の職場研修(OJT)では、新入社員一人ひとりにマンツーマンで育成担当がついて、実務を指導します。育成担当から業務知識や仕事の進め方はもちろん、幅広く社会人生活について、実体験に基づく指導を受けることができます。仕事上の悩みや不安などの相談にも乗ってもらえます。このように当社では、各人の個性を尊重し、強みを伸ばす環境づくりに力を入れています。

新入社員が実際に受けた集合研修カリキュラム

これは、入社後実施される「集合研修カリキュラム」です。かなりハードな内容ですが、IT技術力に不安があるあなたも、この集合研修の頑張りで大きく成長することができます。さらにこの期間は、技術的な研修だけでなく、新入社員同士が仲間意識を醸成し、共に切磋琢磨し、自ら考え自ら行動できる社会人への第一歩を踏み出していただくことも目的としています。

新入社員集合研修カリキュラム表

区分 研修項目 形態
社会人基礎研修 情報セキュリティ 講義
倫理・遵法 講義
ビジネスマナー 講義・実習
ロジカルシンキング・ライティング 講義・実習
ビジネス文書作成 講義・実習
Office講座 講義・実習
プレゼンテーション基礎 講義・実習
江ノ島海岸清掃、ウォークラリー グループ活動
IT技術基礎研修 コンピュータ基礎 講義・実習
ネットワーク・セキュリティ基礎 講義・実習
データベース基礎 講義・実習
職種別研修 技術系総合職
(SE)
UML基礎 講義・実習
Javaプログラミング 講義・実習
Javaプログラミング総合演習 実習
事務系総合職
(営業、経営スタッフ)
営業基礎
(マーケティング、営業プロセス、営業マナー、提案)
講義・実習
営業実務(顧客訪問実習、市場調査) 講義・実習
ユーザ見学会 実習
研修成果報告 実習
Software
Development
Project
ソフトウェア開発
プロジェクト研修
品質管理 講義・実習
プロジェクトマネジメント 講義・実習
プロジェクト計画 グループ活動
ソフトウェア設計、製作、試験
発表準備、発表

Software Development Project(ソフトウェア開発プロジェクト研修)
新入社員の各グループ(1グループ6~7名)を1プロジェクトとみなし、課題に対するソフトウェア開発を、ソフトウェア設計から製作、試験まで行う活動。SEのみ実施。

ページトップへ戻る