このページの本文へ

ここから本文

e-文書法、電子契約、電子交付、電子申請等各種システムで必須となる電子署名や電子署名検証機能提供します。

PDFファイルに対して電子署名することで、 PDFファイルの“真正性”が担保でき、電子文書を“原本”として取扱うことができます。電子署名も大事ですが、電子署名検証ができて初めて電子文書交換が成り立ちます。
インターネット上の脅威である“なりすまし”、“改ざん”への対策である電子署名、署名検証を利用することが今後、様々なシーンで求められていきます。

MistyGuard<SignedPDF>シリーズ製品一覧

電子署名サーバモジュール MistyGuard<SignedPDF Server>PureJAVA版
高度なセキュリティ確保を要求される電子文書の署名・検証処理を自動的に行います。長期署名オプションを適用することで、国際標準規格(PAdES)に準拠した長期署名が可能となります。また、ファイル型証明書、ネットワークHSM、Webクライアントなどの多彩な署名方法にも対応しています。

導入のメリット

文書管理システムやワークフローシステム、Webを利用した各種サービスにSignedPDFシリーズを追加することで様々なメリットがあります。

安全な電子商取引の実現

取引において発生する「書面」を「電子ファイル」に、「捺印」は「電子署名」に置き換えることで、安全な電子商取引が実現します。

内部統制の強化

原本として電子ファイルを管理できるため、第三者による監視・監査がしやすい、より透明性のある文書管理、文書交換のプロセス管理が可能となります。

迅速、正確な情報開示

電子署名を利用した電子的な情報開示により、迅速な情報公開が可能になります。顧客満足度の向上や、重要な情報開示が必要な業務に適しています。

付帯業務及び保管コスト削減

書面を保管するのであれば、ファイリング業務や書面の検索、保管スペースの確保など諸々のコストが発生します。電子署名を利用することで、電子ファイルを原本として取り扱える範囲が拡大し、電子化メリットが最大化します。

既存システムの有効活用(レスペーパー化の推進)

紙とハンコが必須な業務があり、システムを導入したが効果が限定されていたシステムに、SignedPDFを追加することでシステムの導入効果を向上させることができます。

郵送コスト削減

請求書や各種明細などを印刷後、郵送している場合は、“原本”を電子ファイルとすることで、郵送コストの削減効果が期待できます。

長期にわたって電子文書の有効性(真正性)の確保が可能

長期署名の国際標準規格(PAdES)に準拠しており、有効期限の延長が可能です。10年を超える長期にわたっての電子署名の有効性(真正性)の確保も可能となります。

法務省 登記・供託オンライン申請システムに関するお問い合わせについて

登記・供託オンライン申請システムにおいて提供しているPDF署名プラグインソフト MistyGuard<SignedPDF>(署名機能限定版)に関するお問い合わせは、 法務省 登記・供託オンライン申請システムのウェブサイトをご確認の上、登記・供託オンライン申請システム操作サポートデスク新しいウィンドウが開きますにご連絡ください。

SignedPDFサポート情報

SignedPDFのサポート情報については、 こちらをご覧ください。

ページトップへ戻る