このページの本文へ

ここから本文

“kizkia-Knight”(きづきあ-ないと)は、シルエット映像をAIで解析することにより、
トイレにおける転倒・うずくまりを検知できるサービスです。
見守りサービスや介護ロボットとして補助金活用ができます。

サーマルダイオード赤外線センサ「MelDIR(メルダー)」が感知した温度データをクラウドに送信→熱画像変換・検知→検知結果を通知

赤外線センサーが取得した温度データをクラウドに送信してシルエット映像に変換、 映像解析ソリューション“kizkia”新しいウィンドウが開きます が転倒やうずくまりを検知して介護スタッフのスマホに通知します。ライブ映像によって人の姿勢や動作がわかりますが、顔や衣服は見えないため、プライバシー配慮が必要なトイレでの見守りが可能になりました。暗い場所でも24時間人に代わって見守ります。

赤外線センサーは、 三菱電機株式会社の“MelDIR”新しいウィンドウが開きます を採用しています。

“kizkia-Knight”は三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社の登録商標です。
“kizkia”は三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社の登録商標です。
“MelDIR”は三菱電機株式会社の登録商標です。
“kizkia-Knight”、“kizkia”、“MelDIR”は関連する複数の特許を取得済みまたは出願中です。

関連リンク

ページトップへ戻る