このページの本文へ

ここから本文

SAPの画面をExcelで代替するMALSYの充実した機能

慣れ親しんだExcelがSAPの操作画面に

入力項目が多く、複雑に見えるSAPシステムの画面を、必要な入力項目のみを並べたExcelのワークシートに置き換えます。慣れ親しんだExcelを入力画面にすることができるので、ユーザーはSAPシステムを意識する必要がありません。

・MALSYツールボックスはExcelと連携するシンプルなユーザーインタフェースです。「データアップロード」ボタンを押してSAPシステムにデータ登録を開始します。・Excelワークシート上から「コード一覧」(入力ヘルプ)を呼び出すことが可能です。・登録データの行範囲指定が可能です。・登録結果のメッセージは、直観的にわかりやすいように色分けして表示されます。
・MALSYツールボックスの「データ読込み」ボタンを押してSAPクエリを実行し、検索条件画面を呼び出します。・クエリデータマッピングシートでは、データ登録シートの入力項目と、SAPクエリの出力項目をマッピングできます。検索用のキー項目の指定も可能です。・検索結果はExcel上に展開されます。

登録結果はExcel上で、すぐに確認可能

ExcelからSAPシステムにデータ登録した結果と、SAPシステムから返されるメッセージは、入力に使用したExcelのワークシートに即時に返されるので、入力エラーがあった場合でもすぐに修正できます。

入力ヘルプ(コード一覧)をExcelから呼び出せる

Excelのワークシート上にコードを入力する際も、コード一覧(SAP GUIのF4ヘルプに相当)を呼び出し、コード一覧から値を選択することが可能です。
コード一覧はマウスの右クリックから呼び出すことができます。カレンダー画面も呼び出せますので、日付入力もスムーズにできます。

「基本数量単位」のコード一覧を呼び出している例

データ出力もExcelで

SAPシステムに登録済みのデータは、MALSYからSAPクエリを直接呼び出し、抽出したデータをExcel上に展開することができます。クエリマッピングシートを使い、抽出データを入力用のExcelワークシート上に表示させることも可能なので、入力済みデータのダウンロード→データ修正→再アップロードをスムーズに行うことができます。

品目コードをキー項目として指定し、SAPクエリを実行すると、SAPクエリで抽出されたレコードが、品目コードをキーにして貼り付けられる。

SAPのメッセージをカスタマイズする

MALSY Web サービスを導入すると、データ登録した際、SAPシステムから返されるステータス(成功/警告/エラー)とメッセージを、 Webサーバー側でユーザーが独自に定義したものに置換することができます。SAPシステムが出力する汎用メッセージではなく、自分達の業務に則したメッセージを表示すれば、エンドユーザーに正しいアクションを促すことが可能になります。

例1:SAPシステム「Dynpro SAPLMGMM 0060に対するバッチインプットデータがありません」⇒置換したメッセージ(ユーザー設定)「入力されていないデータがあります。」例2:SAPシステム「項目 MARA-MEINSのフォーマッティングエラー:次のメッセージを参照」⇒置換したメッセージ(ユーザー設定)「数量単位が正しくありません。」

エンドユーザーが容易に使えるバッチインプット方式のMALSY-i

データ登録プログラムを約3分で生成

ユーザーのSAP画面操作を記録(トランザクションレコード)し、入力項目を抽出して登録用のExcelシートを自動生成します。
例えば、マスター登録のための一括登録シートであれば、約3分間(※)で生成することが可能です。自動生成されたExcelシートからはSAPへのデータ登録が直接行えるため、CSVなどのテキストファイルに保存する手間も掛かりません。

入力項目数が約20個の品目マスター登録での実例です。

バッチインプットの最適化

トランザクション・レコードによって生成されたBDCデータは、入力項目ではなく画面を制御している項目や、重複項目を含んでいる場合があります。
MALSYでは、これらの重複項目を自動的に除去することが可能です。

SAP汎用モジュールを使いこなせるBAPI(汎用モジュール)方式のMALSY-r

BAPI(汎用モジュール)を使ってSAPシステムのデータメンテナンスを実現

Excelからアドオン開発などで用いる汎用モジュール(BAPI)を呼び出して、SAPシステムのデータメンテナンスを行うことができます。 ExcelからSAPシステムに接続して汎用モジュールのインターフェースを取得し、データ更新のためのExcelシートを自動生成します。

選択可能な汎用モジュールは、データ登録・更新を行うものが対象となります。

多明細の登録が可能

バッチインプットでは実現が難しい、多明細を持つ会計伝票、受注伝票、購買発注の登録に適しています。

サンプルのExcelワークシートをご用意

BAPI(汎用モジュール)を使いこなすには、専門的な知識を必要とするものが少なくありません。
そこで、発注伝票登録・受注伝票登録・会計伝票登録など、業務で使用頻度の高いBAPIインプットについて、サンプルのExcelワークシートをご用意しています。

オプション製品”MALSY Webサービス"と組み合わせ、SAP GUI for Windowsがなくても動くMALSY

  • MALSY Version 9は、新製品"MALSY Webサービス"と組み合わせることで、SAP GUI for WindowsがインストールされていないPCでもMALSYを動かすことができます。
  • "MALSY Webサービス"は、SAPシステムと通信するMALSYの機能をWebサービス化したものです。
  • "MALSY Webサービス"を導入した場合でも、Excelを中心としたユーザーインターフェースは通常のMALSYと変わりません。MALSY用に作成したExcelファイルも、そのまま使うことができます。
MALSY Ver.8以前はSAP GUI for WindowsをインストールしていないとMALSYを動かすことはことはできませんでした。新製品「MALSY Webサービス」を利用することで、SAP GUI for WindowsがインストールされていないPCでもMALSYを動かすことができます。

MALSYをサーバーから起動 ClickOnceでインストールとアップデートの手間を解消

  • ClickOnce(※)の導入によって、MALSYをサーバーからダウンロードし、起動できるようになりました。ClickOnceでは、ユーザーが利用しようとしたタイミングでMALSYがサーバーからPCにダウンロードされ、起動されます。
  • これまでのように、インストールメディアの配布や、インストール操作を行う手間は不要になります。
  • ソフトウェアのアップデートも、サーバー上のソフトウェアを更新するだけです。サーバー上のMALSYを最新化しておけば、ユーザーが次回MALSYを利用する時に、最新化されたMALSYがダウンロードされ、起動されます。
(1)Webページ上に配置されている、ClickOnce版MALSYへのリンクをクリックします。(2)ソフトウェアのダウンロードが始まります。(3)ダウンロードが完了すると、MALSYとExcelが起動します。起動したMALSYの外観と操作性は、通常版と変わりません。

ClickOnceは、WebブラウザがInternet ExplorerまたはEdgeの場合に利用可能です。Chromeの場合、サードパーティの拡張機能をインストールすればClickOnceが利用可能になります。

ページトップへ戻る