このページの本文へ

ここから本文

動作環境

MALSY Version 9は以下の環境で動作確認を実施しています。

クライアント
動作環境 詳細
OS
  • Windows 10 Pro または Enterprise(64-bit)
  • Windows 11 Pro
メモリ 3GB以上を推奨
HDD 40MB以上の空き容量
Excel(※1)
  • Microsoft Excel 2013 SP1
  • Microsoft Excel 2016
  • Microsoft Excel 2019
  • Microsoft Excel 2021
  • Microsoft Office 365(※2)
SAP GUI for Windows(※3)
  • SAP GUI for Windows 7.50(Patch Level 8以上)
  • SAP GUI for Windows 7.60(Patch Level 6以上)
  • SAP GUI for Windows 7.70(Patch Level 4以上)
.NET Framework 4.6以上
Webブラウザ(※4)
  • Microsoft Internet Explorer 11
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome(※5)
サポート言語 日本語、英語

※1 32, 64ビットの両方をサポートします。

※2 Office 365 Online(Webブラウザ内で動作するMS-Office)はサポートされません。

※3 MALSY Web Serviceを利用しない環境では必須です。

※4 MALSYのClickOnce版を利用する場合に必要です。MALSY自体はWebブラウザ上で動作しません。

※5 ClickOnceを有効にするため、第三者製の拡張機能をインストールする必要があります。

サーバー(MALSY Web サービス用)
動作環境 詳細
OS Windows Server 2012 以上(64-bit)
メモリ 4GB以上を推奨(※1)
HDD インストール時に40MB以上の空き容量
ミドルウェア Internet Information Service
.NET Framework 4.6以上
サポート言語 日本語、英語

※1 総メモリサイズは同時接続するユーザー数=定義するアプリケーションプール数に依存します。1ユーザーあたり平均250MBを必要とします。

MALSY for IoT
動作環境 詳細
OS
  • Windows 10 Pro または Enterprise(64-bit)
  • Windows 11 Pro
  • Windows Server 2012 以上(64-bit)
メモリ 4GB以上を推奨(※1)
HDD インストール時に60MB以上の空き容量
.NET Framework 4.6以上
サポート言語 日本語、英語
SAPシステム
動作環境
  • SAP ERP 6.0 (SAP ERP 2005)
  • SAP Suite on HANA
  • SAP S/4HANA

製品構成

MALSYには、バッチインプット方式によって大量データを一括登録する「MALSY-i」と、BAPI(汎用モジュール)によって多明細を持つ複雑な伝票登録が可能な「MALSY-r」の2種類があります。
「MALSY Web サービス」は、SAPシステムと通信するMALSYの機能をWebサービス化した製品で、導入すればExcelだけでMALSYを利用することが可能になります(標準ではSAP GUI for Windowsが必要です)。

クライアントPC上で「(1)MALSY-i」「(2)MALSY-r」を利用。ウェブアプリケーションサーバー上で「(3)MALSY Webサービス」を利用し、SAPシステムとクライアントPC上のMALSYを接続する。
製品名 内容
クライアント製品 MALSY-i
  • 汎用データメンテナンスツール
    バッチインプットでSAPシステムにデータ一括登録を行います。
  • 開発支援ツール集
    データ検索、汎用モジュール検索、テーブル検索、SAPクエリ実行など、SAP開発の生産性を向上させるツール集です。
MALSY-r
  • BAPIインプットツール
    BAPI(汎用モジュール)でSAPシステムにデータ一括登録を行います。
サーバー製品
(オプション)
MALSY Web サービス MALSYがSAPシステムと通信する機能をWebサービス化したオプション製品です。MALSY Ver.9と組み合わせれば、SAP GUI for WindowsがインストールされていないPCでも、MALSYが利用できるようになります。(※)
MALSY for IoT(新) コンソールアプリケーション、またはWindowsサービスとして実行可能なMALSYです。ExcelやSAP GUI for Windowsがインストールされていないコンピュータ上で通常のMALSYと同等の機能を実行することができます。また、Edgecrossの配信データをMQTT通信で受信し、SAPシステムに登録します。
この製品を動かすためには、MALSY-i/rのライセンスと、MALSY Webサービスが必要です。

サーバー本体のためのハードウェアや、OSなどの基本ソフトウェアは含まれません。

バージョンおよび接続方式の違いによる機能の比較

機能グループ 機能 Ver.8 Ver.9
接続方式 動作モード
SAP GUI for Windows MALSY Web サービス
(オプション製品)
エキスパート
モード
シンプル
モード
バッチインプット トランザクションレコーダー ※1
BDCデータのインポート
バッチインプット実行
(データアップロード)
データ登録シートの生成最適化
BAPIインプット インターフェース取得
汎用モジュール実行
(データアップロード)
データ登録シートの生成最適化
SAPクエリ
SAPクエリの選択
(SAPクエリカタログの呼出し
検索条件の指定 ※2※3 ※3
SAPクエリの実行とデータの取得
データ登録シート上のデータを検索条件のキーにする
データ検索 データ検索
オブジェクト検索 テーブル検索/ビュー検索
/構造検索/汎用モジュール検索
データ登録支援 コード一覧(F4ヘルプ)呼出し ※2※3 ※3
カレンダーコントロール呼出し
SAPメッセージ置換
SAPメッセージ置換の集中制御
項目テキストの再読込
(項目見出しの翻訳)
ログシート出力
その他の機能 値をSAP GUIへ送る※4
ファイルのアップグレード ※5※6 ※6
ライセンスキー入力の自動化

※1 トランザクションレコーダーをMALSYから呼び出すことができないため、代替策としてT-Cd:SHDBをSAP GUIで実行後、BDCデータをMALSYでインポートします。

※2 SAP GUI のコード一覧(F4ヘルプ)を呼び出します。

※3 MALSY独自のコード一覧を呼び出します。

※4 技術的な理由のため、Ver.9では廃止されました。

※5 Ver.8以前のMALSYで作成したExcelファイルをVer.9で利用できるよう、ファイルが保存されているフォルダを指定して一括でアップグレードを行います。

※6 Ver.8以前のMALSYで作成したExcelファイルを開く時、Ver.9で利用できるよう、ファイルをアップグレードします。

ページトップへ戻る