このページの本文へ

ここから本文

お客様の課題と戦略を整理し、「DX認定」を取得するためのご支援を行います。

こんなことでお困りではないですか?

  • 自分たちが描くIT戦略が、「DX」と位置付けられる内容とレベルになっているのか、確信が持てない。
  • 各部署が個別のIT戦略を描いており、全社的に整合性が取れた戦略になっていない。
  • 「DX」という言葉が先行し、「とにかくITを使って何かをやる」という雰囲気になっている。地に足のついた戦略を描きたい。
  • 経済産業省が定める「DX認定」を目指したいが、社内にリソースとノウハウがない。
MDISは、自らの経験をもとに、お客様の現状とあるべき姿を丁寧に整理して、お客様のDX認定取得につなげます。

DX認定とは

DX認定制度とは「情報処理の促進に関する法律」に基づく認定制度です。 デジタル技術による社会変革を踏まえて経営者に求められる対応をまとめた「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応し、 DX推進の準備が整っていると認められる企業を経済産業省が「DX認定事業者」として認定するものです。
求められるレベル感は、「企業がデジタルによって自らのビジネスを変革する準備ができている状態」です。

DX認定事業者の中でも、特に優れたプラクティスとなる企業として認められる企業は、 より上位の認定(DX-Emerging企業など)を得ることができます。有識者による審査で認定されます。

DX認定制度 制度全体像

出典:「DX認定制度 申請要領」(経済産業省)
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/dgs5/pdf/004_05_00.pdf

DX認定を取得することのメリット

  • DX認定の審査においては、戦略と推進施策(体制、投資、達成指標など)を矛盾なく整えた上で、対外的に公開することまで求められます。
    審査基準を満たすためのプロセスを通して、すでにお持ちの戦略がよりクリアになります。
  • DXに取り組む企業として社会的に認知されます。
  • DX認定により、DX投資促進税制を受けるための条件の1つを満たすことができます。
    同税制は、デジタル、企業変革の要件を満たす投資に対して、一定の税額控除の優遇を受けられる制度です。
  • 上場企業の場合は、DX銘柄の選定対象となります。(経済産業省と東京証券取引所が共同で選定)
体系的なDX戦略

DX認定を取得するためのアクション

多くの企業においては、DX認定を満たすための個々の要素(経営戦略、IT戦略、推進体制…)は有している場合が多いです。
DX認定を取得するためには、個々の要素を、ひとつの「DX戦略」として体系化する必要があります。
基本的な進め方は以下の通りとなります。

DX認定を取得するためのアクション

MDISならではの価値

  • 当社自身がDX認定を取得した経験をもとに、各アクションをご支援します。
  • 戦略推進にあたって、必要なITソリューションにおいては、企画段階から導入、運用保守まで幅広く対応できます。
  • 業務領域金融、製造、流通・サービスと多岐に渡る業務領域での知見があります。様々なコンサルティングパートナーと協業も行っています。
    DX認定支援に絞ったサービスから、戦略策定も含めて総合的コンサルティングまで、お客様のご用件に応じたサービスを提供します。
ページトップへ戻る