このページの本文へ

ここから本文

rAIchecker(ライチェッカー)は、AI画像認識技術を用いて申請書などの不備チェックを行うシステムです。

利用イメージ

申請書などの書類をカメラやスキャナで画像として取り込み、帳票認識後、書類の記入漏れなどのチェックをシステムで行います。

受付窓口
書類をカメラで撮影し1枚ごとに処理する構成
事務センター受付
スキャナで複数の書類を一括で読み取り処理する構成
無人受付/セルフ端末
書類をカメラで撮影し、記入すべき項目をプロジェクタでガイド表示

導入効果

  • 書類点検漏れやヒューマンエラーを防止し、事務品質を向上
  • 書類点検業務の作業スピードが向上し、お客様の待ち時間を短縮
  • 属人性の排除
  • 後工程からの手戻り数の削減
  • 人件費の削減

利用シーン

  • 金融機関や自治体の窓口、事務センター
  • マイナンバーや機微な個人情報の機械再鑑
  • 無人受付、セルフ端末など
  • 自治体での給付金申請受付業務(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策など)

rAIcheckerは、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社から商標登録出願中の商標です。

ページトップへ戻る