ここから本文

ホーム > 事例 > ローランド株式会社様

事例

SAP ERPシステム機器更新/アップグレード/ハウジング対応事例ローランド株式会社様

ハウジングサービスの利用によりシステムおよびインフラ運用負荷を軽減しコア業務へのリソース集中を実現

電子楽器メーカーのローランド株式会社では、ビジネスを支えるシステム基盤にSAP ERPを導入し、2008年からオンプレミス環境で運用してきました。
今回、ハードウェアおよびアプリケーションのサポート期限を迎えるにあたり、システムの更新を決断。既存のSAPシステムの構築・運用を支援した三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(MDIS)とともに、ハードウェアの更新とアプリケーションのアップグレードを実施。さらに、BCP対策としてシステムの運用環境を浜松本社からデータセンターに移行するとともに、ハウジング対応とその後の運用保守をアウトソーシングすることで、運用の効率化を図り、コア業務へのリソース集中を実現しました。

将来のビジネス変化に対応する経営基盤の構築が不可欠に

電子楽器・業務用音響・映像機器の「Roland」、ギター関連機器の「BOSS」、クラシックオルガンの「RODGERS」など、製品群に応じたマルチブランド戦略を展開するローランド。
1972年の設立以来、企業スローガンに「創造」「ベスト」「共感」の3つを掲げ、世界の音楽の発展に貢献してきました。2012年には創業者である梯郁太郎氏が世界共通規格「MIDI」の制定・普及に尽力したとして、米国音楽界の最大の祭典、グラミー賞の技術賞(Technical GRAMMY Award)を受賞しています。

同社のビジネスを支えるIT基盤は2008年、IT統制と業務改革を目的にそれまでのオフィスコンピューターベースのシステムを改め、グローバルスタンダードのSAP ERPで統合し、会計、生産、販売、在庫管理の業務を一元化しました。
以来、オンプレミス環境でシステムを運用してきましたが、ハードウェアおよびアプリケーションのサポート期限を迎えるにあたり、サーバーリプレースとSAP ERPのアップグレードを同時に実施することを決定しました。

情報システム部門では、継続的な課題として取り組んでいたBCP対策とシステム運用の柔軟性向上について、この機にさらなる強化を決断しました。情報システム部長の藤田一朗氏は次のように語ります。

「静岡県浜松市という土地柄、東海・東南海地震への対策を継続的に講じてきましたが、東日本大震災によってさらに備えの機運が高まりました。それとともに、情報システム部門として将来のビジネス環境変化に柔軟に対応するシステム運用基盤構築の必要性を強く感じており、システム機器更新とERPのアップグレードに合わせて実施することとしました」


情報システム部長
藤田 一朗 氏


情報システム部
運用管理グループ リーダー
松村 誠一 氏


情報システム部
業務プロセスグループ リーダー
恩田 美千夫 氏


情報システム部
係長
新村 尚人 氏


情報システム部
係長
市川 真吾 氏

ワンストップのサポート対応により円滑にプロジェクトを推進

ローランドは、システム機器の更新とERPのアップグレードを支援するパートナーを検討するなかで、2008年のSAP導入プロジェクトを担当したMDISを選定しました。その理由を藤田氏は「SAP導入プロジェクトにおける提案力・SI力の高さと、その後の継続したアプリケーション運用保守(AMO)の実績を評価しました。三菱電機情報ネットワーク株式会社(MIND)のデータセンターを使ったMDISのハウジングサービスの提案は、BCP対策の強化と柔軟なシステム基盤の実現だけでなく、当社の業務負荷も大幅に軽減できるものでした」と語ります。

プロジェクトは2012年9月にキックオフし、2013年5月のゴールデンウィーク中に新システムへの移行を終えて本稼働を迎えました。システムの再構築に関しては、ローランドのインフラ担当部門、ベーシス担当部門、アプリケーション担当部門とMDISがそれぞれ連携し、協力体制のもとで作業を進めていきました。

インフラの構築に関しては、まずデータセンターへのハードウェア設置、設定を実施。情報システム部 運用管理グループ リーダーで、今回のプロジェクトでネットワークを担当した松村誠一氏は「MINDのデータセンターの環境と、当社が持ち込んだ他のベンダーのネットワーク機器との整合性を図りながら慎重に作業を進めました。MDISが複数のベンダーの間に入り、様々な調整をしていただいたことで、スムーズに作業を進めることができました」と振り返ります。

仮想化によってサーバーの集約を図ったことも今回構築したシステムの特徴の1つです。情報システム部 業務プロセスグループ リーダーで、インフラを担当した恩田美千夫氏は「当社が過去10年にわたって蓄積してきた仮想化のノウハウとMDISの的確なサポート対応により、ビジネス環境や運用環境の変化に柔軟に対応する環境が構築できました」と語ります。

新システムへの移行に際しては、事前にリハーサルを2回実施することで、確実な移行を実現しました。情報システム部 係長で、ERPのベーシス作業を担当した市川真吾氏は「1回目のリハーサルで移行データのボリュームとバックアップデータの取得時間を確認し、2回目はタイムテーブルを想定したシミュレーションを行うことで、本番移行時は予定通りに進めることができました」と説明します。

SAP ERPのアップグレード作業では、移行後も業務プロセスが円滑に進むことを確認する業務テストを入念に行いました。情報システム部 係長で、アプリケーションの改修を担当した新村尚人氏は「膨大なトランザクションの中から、テストツールを利用して重要なトランザクションを選定し、業務シナリオが正しく遂行されることを確認しました。テストパターンを作成する際にMDISにノウハウを提供していただいたことで、着実にプロジェクトを遂行することができました」と振り返ります。


システム構成イメージ
拡大画像表示

運用のアウトソーシング化によりコア業務へのリソース集中を実現

今回のプロジェクトでは、MDISによるアプリケーション開発からインフラ運用までのワンストップ対応で、効率的にプロジェクトを進めることができました。ローランドは自社で行ってきたシステム運用とインフラ運用をアウトソーシングすることで、業務負荷を大幅に軽減。その結果、IT企画や事業戦略の構築支援や提案などのコア業務への集中を実現しました。藤田氏は「移行後には早速情報システム部門の組織改革を実施し、企画を担当する業務プロセスグループを立ち上げました。今後はこのグループを中心に、経営戦略をサポートしていきます」と述べます。

また、BCP対策を踏まえてデータセンターにサーバーを移行したことで、浜松本社が被災した場合でも事業が継続できる環境が整備されました。「以前は、大型台風の影響による大規模停電でサーバーが停止することがありましたが、今ではこうした心配もなくなりました」と松村氏は語ります。

ハウジング・AMOサービスの活用拡大で運用効率の向上へ

ローランドでは新システムの稼働後も月に1回定例会を開催し、インフラやシステムの運用保守に関する品質向上に努めています。将来展望としては、情報系システムや周辺システムに関しても、運用を含むハウジングサービスやAMOサービスの活用を検討し、さらなる運用効率向上を推進する方針です。

「情報システム部の企画部門で将来のグランドデザインを描きながら海外展開を進め、中期経営計画である収益力の改善・基盤づくりを支援します。MDISには引き続きパートナーとして的確な提案を期待しています」(藤田氏)

電子楽器の分野で数多くのイノベーションを起こしてきたローランドは、歴史に裏付けられた技術力とグローバルに拡大する体制を活かして、音楽の新たな可能性を切り開いていきます。

お問い合わせ

ローランド株式会社:
http://www.roland.co.jp/

この記事について:
この記事は、情報誌「MELTOPIA」2014年1・2月号(No.193)に掲載されたものを転載しました。

↑ページの先頭へ戻る