このページの本文へ

ここから本文

本イベント・セミナーは終了いたしました。

ご案内

三菱電機インフォメーションシステムズは、2019年10月4日にハービスHALLで開催される「SAS Analytics Network OSAKA 2019」に協賛しています。
弊社は、本セミナーで「アフターサービス領域と生産管理領域、モノ作りを周辺で支えるIoT/アナリティクスの実践」と題して講演いたします。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

開催概要

開催日時

2019年10月4日(金曜日)

  • 13時~17時55分(基調講演、特別講演、ブレイクアウトセッション)
  • 18時10分~19時30分(ネットワーキングパーティ)

会場

ハービスHALL
〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25ハービスOSAKA B2F

会場の周辺地図・アクセスについて(ハービスHALL)新しいウィンドウが開きます

対象

関西エリアの製造業、運輸、小売業の企業様

参加費

無料(事前登録制)

主催・協賛・後援

主催
  • SAS Institute Japan 株式会社
協賛
  • 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
  • 日本情報通信株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
後援
  • 公益社団法人関西経済連合会

詳細情報・公式ウェブサイト

SAS Analytics Network OSAKA 2019新しいウィンドウが開きます

弊社講演内容

セッションコード SN-502
講演タイトル アフターサービス領域と生産管理領域、モノ作りを周辺で支えるIoT/アナリティクスの実践
講演者 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
産業・サービス事業本部 産業第三事業部 システム第二部
データサイエンティストチーム統括
松岡 誠二
時間 17時15分~17時55分(40分)
概要 IoT時代の製造業は、モノが渡った時からお客様との対話が始まり、ビジネスが始まります。今回、某電機メーカーにて実践した、アフターサービスや生産計画へのアナリティクス導入をきっかけとする、設計改善や品質管理、マーケティング等も含めた全社的なデータ活用・連携で価値を生み出す取り組みを紹介いたします。

お申込方法

お申込受付は終了いたしました。

お問い合わせ先

SAS Analytics Network OSAKA 2019 イベント事務局

Eメール:JPN_SAN@sas.com

ページトップへ戻る