このページの本文へ

ここから本文

RPA(Robotic Process Automation)による業務の効率化・自動化を支援します。

RPAとは

RPA(Robotic Process Automation)は、ソフトウェアロボットを活用した業務の効率化・自動化の取り組みです。

事前に設定した作業をパソコン上で記録させることで、これまで人手による操作が必要だった定型業務を自動的に行うことができます。
定型業務をロボットに任せることで、コスト削減だけでなく、人的資源を確保し、より高度な業務に人がシフトすることで、ワークスタイル変革を実現します。

既存アプリケーションの改修は必要なく、容易に導入することが可能です。

RPAの特長

  • 人の代わりに効率よく業務を代行
  • 人手による操作ミスを軽減し、業務の品質を確保
  • 24時間連続稼動により作業の短縮が可能
  • 機密情報を含む処理をソフトウェアロボットが実行することで、セキュリティを向上
  • 既存アプリケーションの改修不要

利用イメージ

RPA導入前:定型作業に時間も人もとられてしまう、手作業による入力ミス、業務の変化に対応しきれない→RPA導入後:人の代わりにロボットが効率良く業務を代行!

MDISが提供するRPA

MDISでは、お客様の課題を分析し、 RPAの特長をふまえて準備から導入までワンストップでご提供します。
OCR+RPAにおけるバックオフィス業務の効率化や、システム運用管理+RPA、さらには、AIやBPM、ERPを組み合わせた業務自動化まで、最適なソリューションをご提案します。

OCR、ERP、BPM、AI、運用管理など+PRA

特長

  • 画像認識によって、独自開発のソフト等様々なアプリケーションに対応
  • ユーザーの直観的な操作をもとに容易に業務シナリオを自動化可能
  • サーバーで一括管理することで、RPAの全社統一基盤の構築が可能(クライアント型もご提案可能)
  • 試行導入から業務コンサルまでご提供可能
  • 業務可視化ツール(アプリケーション分析及びプロセス分析)でRPAの導入効果を見える化
人間の操作を代行するロボット・オペレーター(ソフトウェア):人が画面を見て行っていた作業をRPAにより自動化

RPAの種類

RPAには、サーバー型とクライアント型(デスクトップ)の2種類があり、用途に合わせた選択が必要です。MDISでは、大規模な導入から個別部門での導入まで、お客様の業務内容をふまえ、最適なRPAをご提案します。

サーバー型とクライアント型の比較
メリット デメリット
サーバー型
  • 複数のロボットを運用可能
  • システム部門による集中管理が可能
  • 全社的に導入が可能
  • 拡張性が高く、大規模展開が可能
  • システム部門による管理が必要
クライアント型
  • 手軽に導入可能(部門単位での導入が可能)
  • 短期間での導入が可能
  • PC1台ごとに、ソフトウェアロボットをインストールする必要がある
  • 全社的な管理が難しい
  • 個別のライセンス管理が必要

適用例(OCR+RPA)

課題

紙の注文書を入力先システムごとに手作業で入力しており、従業員の教育コスト、人件費の高騰、入力ミス、紙の持ち回りによる紛失・破損といった課題がありました。

施策

注文伝票をOCR処理し、人が認識結果を修正後、RPAでシステムに入力を行いました。

導入効果

  • 教育コストを削減、総人件費を抑制できました。
  • 操作ミスをなくし、システム入力ミスが無くなりました。
  • イメージ登録処理により、原本の紛失や破損リスクを低減できました。

適用業務例

RPAは、金融・製造から一般的な業務(会計、人事、オペレーション、営業事務、経理)まで、さまざまな分野に適用が可能です。

金融

  • コールセンター業務
  • バックオフィス業務
  • 運用管理システム
  • 審査業務
  • 監査対応
  • 利息計算

製造

  • 価格調査
  • 在庫管理
  • 見積、積算

一般業務

  • レポート作成
  • 会計業務
  • 勤怠チェック
  • eラーニング受講者チェック
  • 各種システム操作ガイダンス、アシスタント
  • アプリケーションをまたがった入力業務
ページトップへ戻る