このページの本文へ

ここから本文

企業倫理・遵法宣言の制定と周知徹底

MDISは、「倫理・遵法行動規範」の冊子を社員一人ひとりに配布しています。これは以下の基本6項目で構成されています。

  • 法の遵守
  • 人権の尊重
  • 社会への貢献
  • 地域との協調・融和
  • 環境問題への取り組み
  • 企業人としての自覚

さらに「企業倫理・遵法宣言」のポスターを掲示し、これらを記載したカードの携帯を国内の全社員に義務づけるなど、全社に周知徹底するための取り組みを推進しています。

コンプライアンス体制

MDISでは、三菱電機の「企業行動規範委員会」が定めた企業倫理・法令遵守を社員に徹底させ、自部門における教育・啓発等の実務を行う「コンプライアンス責任者」とその補佐を行う「コンプライアンスキーマン」を各部門に置いています。

海外においては、「倫理・遵法行動規範」をベースに、各地域の法規制、文化、慣習等を考慮して各社で「企業倫理規範」を策定し、「遵法会議」等の開催を通じて定着させるよう努めています。

ページトップへ戻る