このページの本文へ

ここから本文

プロセスモデルを用いた継続的なプロセス改善(ISO9001、CMMI)

MDISは、業界標準のプロセスモデルを用いた組織的なプロセス改善活動を推進することにより、プロジェクト・マネジメント力の強化とシステム生産能力の継続的向上を実現し、お客様により一層満足いただけるソリューションを提供し続けることを目指します。

MDISでの全社的なプロセス改善活動として、ISO9001(品質マネジメントの国際規格)とCMMI(能力成熟度モデル統合(Capability Maturity Model Integration))に準拠した品質マネジメントシステムを構築し、事業レベルからプロジェクトレベルの各階層で改善サイクルを回すことで、全員参加のプロセス改善活動を推進しています。

ページトップへ戻る