このページの本文へ

ここから本文

MDISの次世代育成支援推進の目的

MDISでは、社員が仕事と育児を両立させることができる働きやすい会社、職場づくりを目指しています。

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)推進の観点からも、次世代育成支援に向けた取組みの趣旨を職場が十分に認識し、理解を深めていくこと、仕事と育児を両立する社員自らも職場の理解を得られるよう重ねて努力していくこと、いずれも重要です。

個人の自覚・努力と職場の理解の下にいきいきと働ける職場風土を醸成し、より良い、魅力ある会社にしていくために、次世代育成支援を推進していきます。

基本方針

1. 仕事と育児を両立する社員が安心して働き続けられる環境の整備

仕事と育児を両立する社員が更に活躍し続けていくための環境整備を行います。

現行の育児支援関係制度は男女区別なく取得可能ですが、女性社員のみならず男性社員においても、仕事とのバランスを図りつつ積極的に子育てに参画するための施策展開と効果的利用促進を図ります。

2. 次世代育成支援諸施策の推進

2005年4月施行の次世代育成支援対策推進法に基づき、『一般事業主行動計画』の策定・届出を行い、本計画・目標達成を目指して積極的に各種制度改善や対策を実施します。

具体的には、2014年10月から、新たに策定した第四期行動計画に基づき、支援策を推進しています。

第四期行動計画および実施内容

目標 実施内容
1 計画期間内に、子育てをしながら働く労働者に対する配慮措置を講じる。 計画期間内に制度見直しの為の検討会を実施し、関連する制度の見直し・検討を行う。
2 計画期間内に、所定外労働の削減のための措置を講じる。 計画期間内に制度見直しの為の検討会を実施し、関連する制度の見直し・検討を行う。
3 計画期間内に、学生に対して就業体験機会を提供する。 計画期間内に短期・長期インターンシップを実施し、学生に対して就業体験の機会を提供する。
4 計画期間内に、男性社員の育児休業取得者数の増員を図る。 計画期間内に社内の意識啓発及び風土醸成に取り組む。

3. 推進体制の整備

女性社員や育児をする社員の個人生活充実とキャリア形成に資する当社独自施策の立案・展開を目的に、制度・福祉、研修・教育、採用など総務部門を中心に多角的な視点から各種取組みを推進していきます。

ページトップへ戻る