このページの本文へ

ここから本文

AIカメラによる見守り。プライバシーモードとリアル映像モードの切替えが可能です。

AIカメラで状況を把握→クラウドに情報連携→映像確認(プライバシーモード/リアル映像モード切替え)、録画機能、異常動作検知

※1 AIカメラは、株式会社GAUSS新しいウィンドウが開きますのサービス(GAUDi EYE)を活用しています。

※2 異常動作検知:転倒につながるような急な動作を検知・通知、介護職員が遠隔で見て駆けつけを判断。

※3 Webカメラ 出典:https://www.tp-link.com/jp/home-networking/cloud-camera/tapo-c100/#overview

介護現場でこんなお悩みはありませんか?

夜間、様子を確認したいが、何度も見回りすると、入居者様のストレスになる

ベッドセンサーから通知があった場合、部屋に駆けつけて様子を確認する必要がある

介助中に他の呼び出しがあった場合、優先度を判断して他の場所に駆けつける。人手が少ない夜間は優先度の判断が特に重要

転倒事故が起こってしまった時に、事故の経緯が分からない

kizkia-Knightは、働きがいのある職場づくり、
科学的介護の実践による生産性向上に貢献します!

特長

特長1:プライバシーに配慮し高齢者を見守り

居室をAIカメラで見守り、プライバシーモードとリアル映像モードの切替えが可能です。

プライバシーモードとリアル映像モードの切替え可能
プライバシーモード⇔リアル映像モード

特長2:スマートフォン等との連携で、いつでもどこでも簡単に見守り

スマホで入居者様の姿勢、動作などを確認してから、訪室の必要性や優先度を判断できます。

一覧表示
一覧表示
通常時
プライバシーモードの映像
事象発生時

映像をAIでリアルタイムで解析することで、異常動作を検知してスマホにプッシュ通知することが可能です。
検知時の姿勢とその前後の様子を録画することも可能です。

異常動作時の姿勢、プライバシーモードの映像

異常動作検知:転倒につながるような急な動作を検知・通知、介護職員が遠隔で見て駆けつけを判断。

特長3:データ活用により、介護ケアの質を向上

管理者画面から、事象検知履歴、検知画像を、ログデータとして取得し、健康状態の把握やケアプランに反映することが可能です。
入居者様の個人ごとのケアの質向上、業務の生産性向上に寄与します。

kizkia-Knight管理画面からログデータをダウンロードし、表計算アプリなどでグラフ化→健康状態の把握、ケアプランに反映

特長4:取付け・取外しが簡単で別室への移設も容易!

カメラとスマホだけですぐに使用可能。天井への設置は不要で、設置も移設も簡単です。
またセキュアで拡張性に優れたクラウドサービス基盤を活用することで、サーバーの設置やお客様によるメンテナンスが不要です。

kizkia-Knight R 設置イメージ

設置の様子、壁側、カメラ側、カメラをファスナーテープで固定

介護ロボットの補助金・助成金対象です!

■国・自治体が推進する介護ロボットの補助金・助成金を活用できます。
■補助金・助成金活用に関するご相談、ご支援など、お気軽にお問い合わせください。

<価格>補助金適用により 1台1ヵ月あたり 1250円~導入可能です。

単位:円
製品 1台当り価格 1台当り月額換算 希望小売価格(税抜き)
kizkia-Knight R
【10台・5年間利用権付き】
300,000 5,000 3,000,000
例)補助金適用(3/4)の場合のユーザ様負担 75,000 1,250 750,000
例)補助金適用(1/2)の場合のユーザ様負担 150,000 2,500 1,500,000

上記は10台5年パックをご購入時の価格です。

設置・サポート費用は別途お見積りとなりますが、工事は不要で初期設定・取付のみの対応でご利用いただけます。

上記金額は税抜き価格です。消費税は含んでおりません。

関連リンク

ページトップへ戻る